【限定】中華蕎麦あお木 夏の風物詩!二色の極上昆布水つけ麺を堪能!

スポンサーリンク
つけ麺
スポンサーリンク

中華蕎麦あお木 実食レポート

昆布水つけ麺白&黒

わーい!!やって来ました〜!!

白と黒•••

どちらか選ぶことなど僕にはできなかったので両方頼んでしまいました←

タイミングよくそこまで混んでいなかったのもあり、快くこんなオーダーを受け付けてくださった店主さん、スタッフさんにただただ感謝ですm(__)m

しかも両方同時に出してくださるなんて、めちゃくちゃわかっていらっしゃる!笑

早速いただきま〜す!

昆布水つけ麺•セット内容

まずは麺!

昆布水に浸かって光沢を放つその美しさは惚れ惚れしますね〜(*´ω`*)

つけ汁もめちゃくちゃきれい!

もはや芸術作品のようで、口にするのがもったいなく思えてしまうほどです☆

トッピングが別皿で提供されるあたり、もう懐石料理かよ!ってレベルの高級感を醸し出していますね〜^ ^

スポンサーリンク

まずは昆布水を纏った麺だけで頂いてみましょう!

昆布水の量的には標準と比べるとやや少なめで、ドゥルっとした食感も控えめなので、昆布水つけ麺デビューにもぴったりかも?☆

ぷりっぷりの麺に昆布水の滑らかさ、そして上品な香りが加わったら、こんなのいつまでも啜っていられるに決まってるじゃないですか(≧∀≦)

トッピング(別皿)

別皿トッピングはつけ汁を使う前に試すのがオススメなんだそうです!

まずは藻塩を少しだけ乗せて•••

おぉ!繊細〜(*´ω`*)

でも旨味はめちゃくちゃくっきり感じられて、昆布水だけの時のふわっとしたおいしさが程よく締まる感じです☆

柚子胡椒なんてまたいやらしいものを!笑

ピリッとした刺激が程よいだけでなく、風味がさらに引き立つようで超おいしい!

そこにすだちを搾ろうもんなら、一生つけ汁に辿り着かないような気さえしてしまいます(๑˃̵ᴗ˂̵)笑

通常だったら主役級の扱いを受けて然るべき味玉も、今回ばかりは存在感が霞んでしまうかと思いましたがそこはあお木さん、やっぱり激ウマでした!笑

つけ汁(黒醤油)

油断して麺が無くなってしまう前につけ汁もいってみましょう!

一見濃そうな色味の黒醤油ですが、そのままでもスッキリ感強めで丸みのある程よい塩気が楽しめる上質な仕上がりです!

つけ汁なしでも完成されたおいしさだと思いましたが、やっぱりつけたらつけたで抜群においしいですね(≧∀≦)笑

つけ汁(白醤油)

白醤油の透き通ってる感もまたどこまでも美しいですね〜☆

黒醤油よりも出汁の香りと風味が際立って感じられてこれまた超おいしい(*´ω`*)

すだち×昆布水×白醤油のコラボレーションが最強過ぎて思わず言葉を失ってしまいましたよね〜^ ^

トッピング(つけ汁内)

つけ汁の中のトッピングも忘れるわけにはいきません!

あお木さんの代名詞と言っても過言ではないこのつくねは、常にポケットに忍ばせておきたいレベルの超絶激ウマアイテムです☆

チャーシューもうまいことうまいこと!

サクッとした歯切れにぷりっとした脂身が絶妙で、溢れ出る肉汁がとってもあま〜い(๑˃̵ᴗ˂̵)

こちらは藻塩をつけた麺を巻いて頂くとまた極上のおいしさ!

いや〜食べ方のバリエーションが豊富過ぎて困ってしまいましたが、どうに食べても最高だったので、とにかく最高でした(≧∀≦)笑

スポンサーリンク

中華蕎麦あお木 総評

麺をつけ終わった後のつけ汁は、昆布水がスープ割りの役割を果たしてくれてまた違う表情を見せてくれました!

これは完飲しないと言う選択肢などあるはずないですね☆

レギュラーメニューに昇格しても大人気となることは間違いありませんが、夏にしか食べられないと言う刹那感もいいのでしょうね(*´ω`*)

夏の訪れを感じられる、素晴らしい一杯、間違えた二杯でした^ ^

ごちそうさまでした!

関連 : 淡麗ラーメンの記事一覧

関連 : つけ麺の記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました