【新店】中華蕎麦鳴神食堂 名店の系譜!繊細で奥深い絶品塩中華蕎麦!

スポンサーリンク
ラーメン
スポンサーリンク

中華蕎麦鳴神食堂 実食レポート

塩中華蕎麦+限定•かんぱちのどんぶり

さぁ〜やって来ました!!

中華蕎麦はどちらにしようか迷い倒しましたが、どちらか選べと言われたら僅差で好みの塩をセレクト!

初訪問だし、せっかくならご飯ものも抑えておきたいですよね〜(*´ω`*)

いや〜なにこのビジュアル!

美術館に置いてあっても全く違和感ないレベルの美しさですね☆

お邪魔したタイミングの日替わりの限定飯はかんぱち!

個人的にかんぱちは、刺身で頂くなら全魚の中でトップクラスに好きなのでテンション上がるわ〜(≧∀≦)

では早速いただきます!

スポンサーリンク

塩中華蕎麦

まずは塩中華蕎麦から!

惚れ惚れするような芸術的な麺線はまさしく柴崎亭さん譲りですね〜^ ^

柔らかなニュアンスなのにどこまでも濃く深く濃密な香りも素晴らしく、早くも店主さんの織りなす世界観に引き込まれてしまいます!

スープ

透明度高めなスープはキラキラと輝き、その繊細さを物語っているようです!

油は少なめで非常にすっきりとした味わいになっていますが、軽やかなファーストタッチからの爆発的に広がる旨味がものすごい!!

使われている蜆は今ラーメン界で注目の食材だと聞いたことがありますが、そのポテンシャルをまざまざと見せつけてくれているようです(๑˃̵ᴗ˂̵)

塩気はほのかですが物足りなさは皆無で、余韻に感じる甘みもすごく上品でおいしいです☆

崩してしまうのがもったいないですが、麺もいってみましょう!

ちなみにこの麺は研究熱心な店主さんによって日々試行錯誤を繰り返されているそうです!

ずずっと啜り上げると、ふくよかな小麦の甘みがスープと旨味と合わさってまた絶妙!

心地よい歯応えと爽快な喉越しも併せ持っていてめちゃくちゃうま〜(*´ω`*)

スポンサーリンク

トッピング

トッピングも楽しんでいきますよ〜!

チャーシューは鴨ロースと鶏むね肉の2種類!

意外と量が多めなのもうれしいですね^ ^

鴨ロースは、鴨肉らしいジューシーな脂が噛むごとに溢れてきますが癖は皆無で食べやすい!

麺と一緒に頂いてもケンカすることはもちろんありません☆

鶏むねチャーシューを日本酒みたいにランク付けできるとしたら、これは間違いなく大吟醸レベルですね(≧∀≦)

あしらわれていた野菜がすごく特徴的で、玉ねぎのほか、ちんげん菜、レンコンというラーメンではあまり見かけないラインナップ!

懐石料理じゃないんだから!とツッコミを入れようにも、これがまたよく合ってしまうあたり店主さんのセンスの高さが窺い知れるというものですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

かんぱちのどんぶり

そろそろかんぱちのどんぶりも頂きましょう!

使う食材に合わせて味付けを変えているようで、今回はおろしポン酢で仕上げられていました!

当たり前のように身がぷりっぷりでうまっ!

おろしポン酢で食べたのは初めてですが、こんなに合うんですね〜^ ^

写真だと少しわかりにくいかもしれませんが、ひと切れがなかなかの大きさで、ご飯も意外と量があるので満足感はかなり高めです☆

スポンサーリンク

中華蕎麦鳴神食堂 総評

早速行列店の仲間入りを果たした鳴神さんですが、それも当然だと思える程の圧巻のおいしさでした☆

これは醤油味にも俄然期待が高まりましたし、そのうち新メニューなどが登場することもあるかもしれませんし、今後目が離せませんね(≧∀≦)

また一段と高崎のラーメン界を盛り上げてくれそうですし、陰ながら応援していきたいと思います☆

ごちそうさまでした!

関連 : 淡麗ラーメンの記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました